さもとら日記

白米があれば幸せです(•호•)

人生とは

映画を3本観ました。

あと2本くらい観たいです。



へろん、さもとらです。






映画と言ってもDVDですけどね(°_°)




サッカーとか特にわからないですが

クリスチアーノロナウドの映画を

観ました。




クリスチアーノロナウドの存在は

前から知っていますが特に

サッカーを観るわけでもないし

そこまで関心を持ってはいませんでした。



ただ、めっちゃ男前だなとは

思ってました♡笑

(わたしの好きな目をしています←重要)



たまたま目に入って借りてみたのですが

とっても良い映画でした。

スクリーンで観たかったなぁ、と

思うくらい。



今のロナウドは実力も実績もあるし

富も名声もあります。



でも最初からそうだったわけではありません。

12歳で親元を離れてサッカーに

打ち込んで続けてきた結果です。



もちろん負傷もするし

いつも良い成績が出せるわけではありません。


ワールドカップ初戦敗退した時は

本当に辛かったと思います。


でもそこから立ち上がって再び

輝いたロナウドは本当にかっこいいと

思いました。



怪我で上手くプレーできず

バッシングを食らったりするのは

心身ともに想像を超える辛さだと思います。



そこから這い上がるって

どんなメンタルがあったらできるのか??


努力に努力をしてきた結果が

今のクリスチアーノロナウドなんだなと

思いました。


だから彼が自分で

「世界一の選手だ」とか

「努力をしている」という言葉が

嫌味なくスッと入ります。



いつでも上手くいくわけではないのに

ダメだった時、人はなぜ責めるのか?



人間なら必ず上手くいかない時があるのに。

なぜ心無い事を言うのか。




オリンピックや世界大会に出た選手が

良い結果じゃなくても

空港で出待ちしてる人がバッシングをせず

「おかえりなさい」と言えるのが

日本人だ、という記事を見たことがあります。



これは国民性の違いなのでしょうか?



日本は「人に迷惑をかけないように」という

考えがありますよね?



でも海外では

「自分も迷惑をかけるから他人の迷惑にも寛大に応える」という考えです。



これはスポーツ選手なら

誰にでも当てはまることです。



負ける事はファンより本人が

1番悔しいのはわかってるのに。



映画中にも流れるバッシングには

心が痛かったですがそれも

しょうがないと受け入れている

ロナウド





まじでかっこよかったです(°_°)✨



あれがお父さんとかハンパない!!笑

彼氏なんかできないよ!wwww




人との関わり方や家族との関わり方が


あぁ、外国人だなと思いました。



さっき見たけど夜にまた見て

最高の気分で寝たいと思います(笑)



ロナウドはこの先何もしなくても

一生遊んで暮らせる経済力があると思います。



比べることはできませんが

自分の人生ってものすごい小さいな、と

思いました(°_°)笑

(比較の対象外である)



何台も高級車があって

プールが外にも中にもあって

THEセレブな暮らしをしている

ロナウドですがそれなりの努力をしたから

なんだというのがリアルに感じました。


私の夢は高級車を何台も持つことや

THEセレブの暮らしをする事ではありません。


ただ、プールは欲しいです←笑



それができるだけの何かをすれば

叶えられるんだなと思いました。



人生は実にシンプルです。



叶うまでやればいい。

上手くいかないなら方法を変えればいい。



ドキュメンタリー映画だから

余計リアルに伝わるなと思いました。



クリスチアーノロナウド

私の人生で尊敬する人の

メンバー入りをしました。

ありがとうございます。



ただ、ポルトガル語?表記だと

ロナルドなのになんでロナウドって

言うのかな、って疑問を持っています。


絶対L入ってるのに(笑)




これからはロナウド

応援しようと思います!!!



素敵な人生観をありがとう!!

また明日から新しい気持ちで

頑張れそうです^^






ぐぅばい(•호•)